ウェディングマタニティベビーキッズカメラマンフォトスタジオ探しはメモリアルフォトガイドで!

マタニティフォト(マタニティヌード)とは

マタニティフォト・マタニティヌードのカメラマン探しならメモリアルフォトガイドへ
おなかの大きくなった妊娠中の女性の姿を撮った写真・・・海外ではすでに“Maternity photography(マタニティフォトグラフィー)”として広く知れ渡り、Maternity photographerというマタニティフォト専門のカメラマン(フォトグラファー)がいるほど浸透しています。日本では『マタニティ写真』『妊婦写真』と呼ばれることもありますが、最近では『マタニティフォト(マタニティヌード)』として徐々に知られ、その表現も広がってきています。

女性だけに訪れる、一生に限られた期間。
自分自身の神秘的な美しさを、産まれてくる我が子や家族のため、そして、ご自分のために写真にして残してみませんか。

カップル2人で撮るのはもちろん、お子さんがいればお子さんとも一緒に、ご家族みんなで産まれてくる小さな命を感じて一緒に撮る写真も素敵。
きっと想い出がたくさんつまった一枚になりますよ。


撮影スタイルと撮影タイミングについて

マタニティフォト・マタニティヌードのカメラマン探しならメモリアルフォトガイドへ

お腹の膨らみがはっきり分かってきた時期(個人差がありますが、おおよそ妊娠7~9ヶ月頃が目安)に撮影するのがオススメです。
客観的に見ても明らかに妊娠が分かるくらいにお腹が大きくなっている方が、身体全体のラインが際立ち美しく撮影できるからです。

撮影の際は、服装も、お腹の丸みや大きさがわかりやすい服装でのぞまれることをオススメ。
撮影場所は、屋内(スタジオやご自宅)・野外とありますが、天候に左右されず、しっかり撮って残したいというあなたはスタジオで。
お気に入りの場所や森林のなかで、周りとは違う個性的な写真を自然なイメージで撮ってもらいたいというあなたは、出張撮影を行っているカメラマンや写真事務所に依頼するのがオススメです。
自宅への出張撮影も行っているところもありますので、ご自身の条件に合ったところを探してみましょう。

写真提供 Shiwori photography.


コンテンツメニュー