ウェディングマタニティベビーキッズカメラマンフォトスタジオ探しはメモリアルフォトガイドで!

撮影にあたってのおすすめチェックポイント

フォトスタジオ探しのチェックポイント、フォトグラファー探しのコツなどについて、
独断と偏見でまとめてみました☆ ご参考になればと思います。

誰もが簡単に撮れる時代になったからこそ

 『写真はどこで誰に撮ってもらってもそんなに変わらない』と思ってはいませんか!?
 しかし、この“どこで”“誰に(どんな人に)”そして“どんな風に”撮ってもらうかで、写真の仕上がりが変わってきてしまいます。

 ちょっとした記録なら、お手持ちのデジカメを使って、ご自宅や近所の公園などでご家族の誰かやお知り合いに撮ってもらうのも楽しく気軽に出来ますが、しっかりとしたものをきちんと残したいのなら、やはりプロフェッショナルのカメラマン。その写真の仕上がりは、まったく違うものになります。
 デジタルカメラで誰もが簡単に撮れる時代になったからこそ、磨かれた技術を持ち、経験やセンスもあるプロのカメラマンとそうでない人たちの差が明らかになってきているのでしょうね!



依頼前に必ず見よう!サンプル写真

ネットで確認する方法 | メモリアルフォトガイドならネット上でたくさんのカメラマン・フォトスタジオのサンプル写真を確認できます スタジオで確認する方法 | メモリアルフォトガイドならネット上でたくさんのカメラマン・フォトスタジオのサンプル写真を確認できます
 「誰(どこ)を」選べばいいのか・・・そのとき参考になるのが、サンプル写真です。
 写真を撮ってもらうのですから、そこで紹介されているサンプル写真をよく見るのが一番!
 『MEMORIAL PHOTO GUIDE』では、紹介(登録)されているカメラマン(フォトグラファー)の『フォトギャラリー』を見てみましょう。(もちろん価格や撮影プランも要チェック!)
 複数のカメラマン(フォトグラファー)が所属しているところは、誰がその写真を撮ったのか不明確な場合もあるかもしれません。
 もし掲載されている写真が気に入ったのであれば、それを撮ったカメラマンに撮影をお願いしたいと言ってみましょう。
 「誰(どこ)」に写真撮影を頼むか・・・をしっかり選ぶことが、理想の写真を残すための近道になりますよ!



撮影は三脚?手持ち?

フリースタイルの撮影| メモリアルフォトガイドなら、フォトスタジオ内での撮影も、野外で撮影するフリースタイルのカメラマンも探せます 三脚使ってじっくり撮影 | メモリアルフォトガイドなら、フォトスタジオ内での撮影も、野外で撮影するフリースタイルのカメラマンも探せます
 撮影の際、カメラを三脚に固定するか、手持ちにするかで、写真の印象は大きく変わってきます。
 真正面でかしこまって撮られるのが苦手な方や、動きのある写真を撮ってもらいたい方には、手持ち撮影で写真を撮ってもらうのがオススメ。その場合には、担当のカメラマンにリクエストしてみましょう。
 マタニティフォトやベビーフォトなら、お腹のアップや赤ちゃんの体のアップも、オシャレでおすすめですよ!



背景紙のバリエーション(※スタジオ撮影の場合)

オレンジの背景紙 | メモリアルフォトガイドなら、フォトスタジオの背景紙の色の種類まで細かい情報が掲載されています ホワイトの背景紙 | メモリアルフォトガイドなら、フォトスタジオの背景紙の色の種類まで細かい情報が掲載されています ブラックの背景紙 | メモリアルフォトガイドなら、フォトスタジオの背景紙の色の種類まで細かい情報が掲載されています
 背景紙は写真を撮る際の背景になる紙のことです。(布製のものもあります)
 背景を何色にするのかでも写真の印象は大きく変わってきます。
 背景紙は担当のカメラマン(フォトグラファー)の判断で決まることが多いかと思いますが、「明るい感じで」「シックに」などリクエストを言ってみるのも良いと思います。
 きっとイメージに合った色を選んでくれると思いますよ!



理想的な写真を撮ってもらうには

 どのようなイメージの写真を撮ってもらいたいのかを考え、その条件に合った場所やカメラマン(フォトグラファー)を選ぶことが重要になってくるでしょう。
 ぜひ“あなただけのカメラマン(フォトグラファー)”を見つけてみてくださいね!
写真提供 Shiwori photography.


コンテンツメニュー